白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

先回りして、ミスを防いだほうがいいのか

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

さやちゃん(年長)のレッスンをしました。
お父さんはもう10年、レッスンにいらしています。
さやちゃんはこの冬から。

もともと、生まれた時から音楽がある環境にいるので、
さやちゃんはピアノや音楽が大好き。

私が知らないシューベルトやバッハの曲もたくさん知っています。

練習も毎日してきます。
ただ、自分なりの方法(?)でしてしまうこともあり・・。

例えば今回は、プレピアノランド3のスタッカートとレガートという曲。
樹原涼子
左手が、し、し、し、ど、ど、ど とスタッカートで進むのですが、すべて1の指でひいてしまいました。
そして、「すごくこの曲は難しかったー」といっています。

指番号がちがっているから、難しかったのです。

ピアノランドの教本は、3巻までは指番号がありません。
番号で音を覚えてしまうことを防ぐためです。

1はど、2ハレのように。

今まではさやちゃんは、今回のような間違いがありませんでした。
それは、ラシドと弾くのには必ずレガートで音がつながっていたから。

1-1-1ではつなげて弾けませんからね。

今回スタッカートで、し、ど と続いたために、手が鍵盤から離れるので1の指で弾けてしまったわけです。

生徒さんたちは、こういった先生が思いもよらない間違いをします。
すべてを先回りして、教えてあげることはよくありません。

間違えて失敗して、ああ、こういう時はこうなんだ、と理解するのも大切。

でも、そのパターンのさいしょの1回は、注意して先に教えてあげてもいいかなと思います。
といっても、予測のつかないことが多いのですが・・。

 - 今日のレッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

楽譜
一通り弾けると、練習が雑になってしまう悩み

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 今、子供の生徒さんたち …

おうちの方は、黙って見守って ピアノレッスン

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ことね(年中)ちゃんのレッ …

新1年生のピアノレッスン お疲れかな?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 はなやかな桜の花も新緑に変 …

ギロック
あきらめないでリベンジ サマーコンサートの曲選び

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ともやすくんのレッスンをし …

アニメ
好きな電子音楽に触れて気づくこと

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 今日は「好きな曲」について …

急に頑張り始めた生徒さんの、ピアノ教材の選び方

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ななちゃんの面談をしました …

バッハ
長く取り組む大曲一緒に、軽めの曲を

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 りささん(おとな)のレッス …

筋肉
頼もしい相談相手 ピアノリレー連弾

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 今年のサマーコンサート(サ …

サマーコンサート 準備開始

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 サマーコンサート(サマコン …

感染症対策をしつつ、ピアノを弾きましょう♪

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 感染症対策について、ホーム …