白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

ピアノを一生懸命に弾きすぎて つい乱暴に

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

今月は面談月。
子どもの生徒さんの保護者にいらしていただき、レッスン見学、面談をしています。

詳しくは全員終わってから、ご紹介していこうと思います。

昨日、ことひちゃん(小4)の面談をしました。
まだレッスン開始から1年たっていないので、初めての面談です。

2回目のレッスンから一人で来ています。
なので、わたしとお母さんがお話をするのは久しぶり。

ちょうどサマーコンサートのころにアップライトピアノを用意していただきました。
ピアノ 太い指

ずいぶん練習量が増えましたね、というと。

「なんだか、ちょんちょんやっていますよ。
 今、学園祭の準備で帰りが遅く、さっき帰ってきたのですが
 それでも10分くらい,ちょんちょんしてから来たんです」

ちょんちょん、というのは ピアノを弾くこと。
別に方言とかではなく、ことひちゃんが懸命に鍵盤を弾いていくさまが、

ちょんちょん

という風に見えるのでしょう。

実際は体も大きく、手もしっかりしているのでがっちり弾いています。
かなり強く弾くので音が割れてしまいます。

レッスンでも、

「今の半分の力で、やさしく弾いてね」というのですが・・。

その時一瞬だけきれいなおとになって、
またがっしりに戻ります。

とにかくことひちゃんは、楽譜通りにしっかり弾くのに一生懸命なので、
ついつい力が入ります。

まだ弾くことに必死で、自分の出した音を聴く余裕なんてありません。

これは仕方ないんですよね・・。
専門に勉強してきた私たちだって、大きな曲を弾くときは自分の音を聴いていません。

それではだめなのですが、録音してみて気づくのです。

毎回のレッスンで根気良く、声掛けをしていきます。

年末のステップ、来年以降のグレードの、積極的に受けるというお話でした。
本番があれば、自分の音を聴くきっかけになるかもしれません。

 - これからピアノを始める方へ, ピアノのお話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

本番で緊張しないでピアノを弾く方法?

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   徹子の部屋 という …

はた
ピアノを弾くのに、絶対音感は必要か

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 音楽的才能について論じると …

ピアノの生徒さんとコミュニケーションをとるために

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 私は朝晩、ラジオをきいてい …

ピアノが弾けるようになると、柿の実が?

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです   桃クリ3年、柿8年と …

おかあさんとこども
保育士試験合格 さとるさん

こんにちは。 ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   さとるさん20代 …

立体を感じる能力と音楽

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   先日、インターネッ …

おかあさんとこども
きいたことのある音しか再現できない

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   あるピアノの先生の …

ともやすくん 次のサマコンは運命をひきたい サマーコンサート

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 年に一度のサマーコンサート …

アンケート
ピアノが習える 当たり前ではない、という話

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 サマーコンサート、面談でお …

小さいうちは、ピアノの練習は好きなことから

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ななちゃん(3さい)のレッ …