白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

はじめから 音符を読む習慣を

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

私の指導方針として欠かせないのは、初めから音符を読む習慣と
初めから耳を鍛える習慣。

耳だけを頼りに弾いてしまうと、一人で弾けなくなる日がすぐに来てしまうから。
誰かが弾いてくれないと、わからない。

CDをかけて聴いてからでないと弾けない。

これでは、音楽の自立が出来なくて、将来困ってしまいます。

なので、弾くことと、聴くことは同時進行。

読めないのに、弾けてる幼児ちゃんは、後で絶対困るんです。

困ってしまってからの子供たちを見てきました。

なので、ピアノ導入レッスン生には、
一日一ページのワークブックの宿題を出しています。
ピアノ

まとめてやってしまって、やらない日が続くということにならないように。
一日一ページを目処にやってくださいね。

ということです。

せっかくレッスンで覚えたと思ったのに、翌週のレッスンでは全部忘れてきてる!!
なぜ何故?

って事が、私の20年以上前までのレッスン風景でした(^^;;

それからです。

どうしたら幼児ちゃんがレッスンでわかった音符を忘れずにいられるか。
と考えたのは。

やっぱり、2日~3日たつと、完全に忘れてしまうのです。

練習曲の音符は覚えてるのに、練習曲に出てきていない音符は忘れてくる。
これを回避するのが、毎日の音符読みです。

毎日読んでると忘れることがない。

そして、小さい時に脳の中にしっかり入り込んだことは、大きくなっても覚えてるんですね。

なので、
導入期に、毎日音符読みをしていると、ずっと読める子に。

逆に、読まずに弾いてしまうと、極端に読むのが遅くなり、練習いやになり、
ピアノが嫌になり。の悪循環。。。

新しい曲の譜読みのお手伝いを、おうちの方がしてしまっても、やっぱり読めないまま、進んでしまいます。

なので、一人で読んで、ご家族は見守リ隊という形がベターですね。

 - ピアノのお話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

聞く
きょうだいでもピアノの教え方は違う

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 今、ゆめピアノには5組のき …

ななちゃん うまくいったと思います サマーコンサート

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 年に一度のサマーコンサート …

ピアノの先生の仕事は、レッスンだけ?

こんにちは。こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   品川区 …

プラン
ピアノで2曲続けて弾くときの注意点

2曲を弾く人の場合の注意として、タイプの違う2曲を弾く場合、それぞれの曲の世界を …

おこさんがピアノにどうしても興味がない時

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 小さい子供がピアノを始める …

音楽
1小節でも先に、少しでも上に ピアノレッスン

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。    「とにかく …

no image
一番ぴったりなピアノ教材は

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 サマーコンサートが終わって …

no image
ピアノ本番緊張対策は?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 夏はピアノコンクールの季節 …

父子
ピアノ男子の 特徴とは

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   うちの教室に …

連弾
ピアノアンサンブル 経験を積むと

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 昨日は二組の、連弾レッスン …