白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

ピアノ導入期も、保護者は見守って

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

楽しくピアノを弾けるようになってほしい

「楽しくピアノを弾けるようになってほしいです。」
体験レッスンアンケートに書かれる保護者の方が多いです。

しかし、何かを習得するのに楽しいばかりではありません。

私がまだピアノ教師として新米の頃、同学年のさおりちゃんとえりちゃんは一緒にピアノを習い始めました。
二人共利発そうな女の子です。お母様方もとてもしっかりした感じの方でした。

さおりちゃんはどんどん宿題が進みましたが、えりちゃんは譜読みが苦手で難航していました。
1年経った頃にはさおりちゃんはすでに4冊目に突入していましたが、えりちゃんはやっと2冊目が終わる頃。

ずいぶん差が開いてしまっていました。
幼児

しかし私にはさおりちゃんに気になる点が…さおりちゃんは反抗期を迎える頃からだんだんと弾けなくなってきたのです。

理由は後でわかりましたが、今まで手をかけ過ぎていたお母さんと喧嘩が絶えず、お母さんが下見をギブアップしてしまったためです。

一方、つまずきながらもコツコツと頑張っていたえりちゃんはスラスラ楽譜が読めるようになり、楽しくなってきています。
残念ながらお母さんが手をかけ過ぎるとこのような結果になります。

レッスンを入学前に始める生徒さんたちは、必ず保護者の方がご一緒です。
くり返し、『おうちでの練習はひとりでさせてほしい。ピアノの時間だよ、著いう声かけだけお願いします
とお話しています。

実際は、ミュージックデータの再生やリズム打ちや、カードをめくったりしていただいていると思います。
でも、譜読みをしてあげるのは絶対にしないでほしいのです。

「親が全くピアノが弾けないのですが」と心配いただくことが多いのですが、
上記の理由で、全く問題ありません。

 - ピアノのお話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノは自己肯定感の高い子どもが育つ

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです   自己肯定感 という言 …

指番号が大切な理由

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 中1のえりちゃん。すこしまえのレ …

スイッチ
ピアノのやる気スイッチはどこ?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 レッスンを始めてもうすぐ3 …

うたたね
ピティナステップの講評は、なんのために?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 少し前のことですが、ピティ …

ピアノの専門教育を受けるということ

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 かなり前の話ですが、高校1 …

オリンピック
1日何時間練習したらピアニストになれますか

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアニストになるには、1日 …

ピアノを弾く手
初めて触るピアノになれること

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです   よくあることなのです …

3つの「こんなピアノレッスンはダメ 」

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 春の入会シーズン。 2 …

父子
自分のピアノ演奏を客観的にみる

はるきくん(小4)のレッスンをしました。   いつも詳しく おうちでの …

Jポップ
ピアノレッスンの宿題に身が入らないときの解決法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノのレッスンで今宿題に …