白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

1小節でも先に、少しでも上に ピアノレッスン

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

 「とにかく楽しく教えます」

という教室文句を掲げている教室も、あります。

「とにかくってなに?たのしくってなにを?」

と、その先生に尋ねてみたいなぁという衝動に駆られますが問い合わせメールは出しません。

ピアノで自分が好きな曲を「いい感じで」弾けるって、楽しいだけじゃないっていうことを私は、生徒たちに伝えています。


本人にとって難しいテクニックを練習して来る子がいます。

ヘタレそうになってしまう子もいます。
難しそうだから尻込みする子もいます。

性格もあるし、その時の心理状態もあるし、過去の経験から導き出されるものもあるでしょう。

でも弾けなくて「もう、これでいいや」と思ったら・・・。
多分、その人の成長するかもしれない部分は、伸びてきません。
伸ばそうと思っていない人を伸ばすことは、私たち先生にはできないんです。

 そんなことを考えたら、「とにかく楽しく教えます」なんて私には言えない。

つらいこともある。辞めたいと思うことも。
無理かもって折れそうになって、それは嫌だって泣いて。

喜びもたくさん。うまくいった成功体験。達成感。希望。
次も頑張ろうという気持ち。音楽の中に自分が浸れる喜び。

ピアノを弾き続けていくことって、それの繰り返しなのかなって思います。

 

以前、あるセミナーで、どんなに練習してなくても、1小節でも先の宿題を出す、という先生がいました。

 

私は練習ができてなかったら、次も同じところを宿題にしていました。

負担が多くなって練習できないと思ったからです。

 

でも、そのセミナーに行ってから、わたしも1小節でも先に進ませるようにしました。

同じところをなぞっているのは、気分も落ちそうですよね。

 - ピアノのお話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

9歳の壁って何ですか

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです   スポーツでも勉強でも …

指が動く
ピアノの鍵盤は黒と白 その理由は

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです ピアノの鍵盤の色といえば …

樹原涼子
2段階導入法 長く続くピアノ生活の基礎

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ゴールデンウイーク中、3分 …

バイエル
ピアノ教本「バイエル」はよくないの?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノ教則本「バイエル」は …

ピアノを弾く手
これだけは!楽譜の基礎知識1

ピアノ上達のキーポイントは「読譜力」! 今回は読譜力のベースとなる、ピアノを弾く …

ピアノ
ピアノ これだけはしっておきたい

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 日ごろ弾いているピアノにつ …

楽器の演奏で広がる世界

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   インターネッ …

中1の夏 ピアノとの付き合い方を考える

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   ちおちゃん(中1) …

自分ににあったピアノ教室に巡り合う方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   よいピアノ教 …

小説
ピアノ演奏の中身だけで勝負しない

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです コンサートにおいては、演奏者が、 …