白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

モーツアルト?

   

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

 

こんなチョコを見つけました!

オークションなので、現在はお店にはありません

モーツアルトの肖像画が印刷されたチロルチョコです。普通のチロルチョコより一回り大きいでしょうか。箱の内側もなかなかこっています。

モーツアルトチロルチョコ箱の写真

 

早速、食べてみました。

 

大人の味? ヨーロッパ風味?
ということにしておきましょう(^^♪

 

「モーツアルト」

今からざっと250年ほど前に活躍したオーストリアの作曲家です。
ピアノでは「トルコ行進曲」や「キラキラ星変奏曲」が発表会の定番ですよね。

 

モーツアルトが天才と言われる理由の一つに楽譜の書き直しのなさがあげられます。

悩むことなく次から次へと浮かんだメロディーを迷うことなく次から次へと譜面におこしていく。まさにペンが走るイメージです。

 

事実、音楽も次から次へと新しいメロディーが展開されていきます。

でも、たまにふっと孤独を感じる瞬間があったりして。

孤独を心の奥底に秘めて、ずっと笑っている、歌っている。そんなイメージでしょうか。

 

こんな天才モーツアルトですが、実は彼にはお墓がありません。

浪費家だったモーツアルトは、亡くなった時はほとんどお金がなく、共同墓地へ埋葬されてしまったそうです。ウィーンには名だたる音楽家のお墓が多くありますが、そういう経緯で、モーツアルトはお墓の代わりに大きな石像が建てられています。

モーツアルトの曲で好きな曲は沢山あるのですが、オペラ「フィガロの結婚」から「恋とはどんなものかしら?」が今浮かびました。

 

多分、皆さん一度は耳にされたことがあるはずです。とーってもかわいくて愛らしい曲です。YouTube等で一度、聴いてみてください。

 - ピアノのお話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

グループレッスン
はじめから 音符を読む習慣を

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 私の指導方針として欠かせな …

耳
子どもにとって、ピアノでユニゾンを弾くのは難しい

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   大人の私たち …

トンボの眼鏡
ピアノの楽譜を読まない、読めない理由

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   小学2年生のりさち …

その先にある「何か」を信じて待つことの大切さ

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   以前にもご紹 …

ピアノの先生は、みんな親切ですよ!

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノの先生も、指導で悩む …

楽譜
お気に入りのピアノ教材を選ぶ

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 とうやくんのレッスンで、次 …

小説
ピアノ演奏の中身だけで勝負しない

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです コンサートにおいては、演奏者が、 …

ピアノ発表会 ではなく、コンサートを ゲストの大きな力

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   サマーコンサ …

馬場先生
ピアノレッスンでの効果的な質問の方法とは

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 先週は二つのセミナーと自分 …

プラン
ピアノで2曲続けて弾くときの注意点

2曲を弾く人の場合の注意として、タイプの違う2曲を弾く場合、それぞれの曲の世界を …