白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

宿題の量、ピアノはどれくらい?

   

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

生徒さんは、たいてい3冊の本を持っていてもらい、最低1曲ずつ課題に出します。
曲が長い人、自由課題の大人の生徒さんは2冊にしています。

読譜が早い子、どんどんやってきたい子は、一応課題は1曲です。
2曲でも3曲でもやっていいということにしています。

たくさん読譜して弾いてきてもいいけれど、この曲はどういう曲なのか、メロディラインは、ハーモニーで気をつけるべきところは、などなど、それなりに考えてきてもらいたいのです。

もちろん、課題以外は私のヒントは出しませんから、自分で考えてくることになります。
たまに、全然曲の意図を読み取ってない演奏になったり、雑な弾き方になっていたりもします。

今週、小1のAちゃんは「せんせー、これもやってきた~」と、勉強会の曲、宿題の1曲以外にも3曲くらい弾いてきました。本人に聞くと「だって~、かんたんだったんだも~ん」

ユニゾンの課題、しっかり合わせてありました。
伴奏がついていたので、その場で伴奏を合わせてみました。この課題は最初からばっちり、息の合った演奏ができました。

Aちゃんは自分で「これひけない~い」という時は余分にやってこない子なので、見ているとわかります。この日は自信満々でした(^O^)

マグネット
初歩の段階なら、課題が多いほうが良いと経験上言えます。
最初遠慮がちに課題を出していた時期もありました。

そうすると数が多くなったり、複雑な曲になった時に息切れしてしまうのです。

それを防ぐには、幼児さんなら半年過ぎた頃から、小学生以上は最初から、課題を多く出したほうがいいのではと思うようになりました。

 - これからピアノを始める方へ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

バッハ
ちょっと 音楽史のおはなし

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 学校の社会の授業では世界史 …

ピアノレッスンを始める前に考えておくこと

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノを習い始める前に、考えてお …

連弾
ピアノ発表会の曲選び 知らない作曲家の曲を聴いてみる

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 2019年も残りわずか。 …

楽譜
急にピアノが上達した! その理由は?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 毎日のピアノ練習、習慣づい …

ピアノの先生に、レッスンの仕方を変えてほしい時 伝え方は?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ご自分がピアノレッスンを受 …

グループレッスン
ピアノ楽譜で、指番号が書いてない場合

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   童謡の弾き歌 …

最初の1年で、ピアノが嫌にならないコツは

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 なるきくん(3歳)のレッス …

時計
練習時間の取れない人のピアノレッスン

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 練習時間のない生徒さんのレ …

合唱
合唱のピアノ伴奏での喜び

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 夏休みに入る頃から、合唱伴 …

五線譜
お家でのピアノ練習はひとりでできるのか

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 なちかちゃん(小2)のレッ …