白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

幼少期は聞く力が一番伸びる

   

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです

 

子どもは、胎児のときから聴覚が発達し始めます。

生まれながらにお母さんの声を聴き分けるのはこのためです。

成長し、幼少期になると人生で一番聞く力がするれた時期になります。

 

具体的には聴覚のピークは4~8歳くらいといわれています。

絶対音感の訓練時期と重なります。

 

好きなものであれば、聞いた曲をすぐに記憶することもできます。

 

聴覚 感じ取る力は1番

ピアノの音の弦の鳴りや残響までも、大人よりずっと敏感に子どもは感じ取れます。

 

レッスンでも、ピアノの音がどこまでなり続けているかを知るために、

1分以上、ピアノに耳をつけていた子がいました。

耳

この子は音が減衰していくのが面白くて

最終的にどんな倍音が残っているのかを自然な形で聴いていたのです。

 

このような時期に音楽を通じ

聴覚から脳を刺激することはとても大きな意味を持ちます。

 

ピアノに触れていくうち、テクニックはなくても

美しい音色も不快な響きも、鋭く感じられるようになってきます。

 

 

 

オーケストラの音も、子どもにとっては心地よく、

たくさんの刺激をくれます。

弦楽器の響きや管楽器の息遣い

打楽器の打音も無意識に聴覚を鍛えていくことができるからです。

 

 

このような大事な時期にどういったものを聞いて、どのように刺激するかということは

とても重要です。

 

もし、この時期に電子音ばかり聞かせていたら。

 

倍音のよう繊細な音は「聞こえなくてもいい耳」になっていきます。

 

 

これは、今の時代ならではの恐ろしいことだと感じています。

 

 - ピアノのお話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
一番ぴったりなピアノ教材は

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 サマーコンサートが終わって …

あやかさん とてもきれいな曲弾けて良かった サマーコンサート

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 年に一度のサマーコンサート …

あいホール
ピアノ鍵盤のタッチ 重い、軽いって何?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   ピアノはメー …

ピアノレッスン
ピアノ購入も ゆめ の演出

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです   Cちゃん (中3)は …

シンセサイザ
聞いている人をあかるくげんきにたのしくできるような ピアノ演奏をしたい

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 曲分析カード、活用していま …

名古屋のピアノ弾きあい会へ

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   名古屋の弾き …

ひまわり
保育士試験 歌声がしっかり聞こえるように

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 そろそろ、保育士志望の生徒 …

ピアノの本番に向けて 計画的に

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 グレードテスト、ステップと …

樹原涼子
2段階導入法 長く続くピアノ生活の基礎

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ゴールデンウイーク中、3分 …

熱心な先生方を紹介します

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 最近、「ピアノの先生方っ …