白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

10分も伸ばす記号?

   

葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

先日、インターネット上のピアノの先生グループで、

こんな面白い投稿を見つけました。

 

 

”「先生、テヌートって10分も伸ばすの?」と目を丸くして
真顔で聞いてきた生徒ちゃん。
大笑いしながらも、彼女にわかるように
とっさにちゃんと説明できなかった私。
少し大きな曲を弾いている子ならテヌートは、
曲を作った人が大事に大切に弾いてほしい音につけるのよ、
ここは気持ちをこめて弾いてね、とか伝えられるのだけど、
彼女のテキストにはまだテヌートはでてこない。
学校のテストだと,こう書かないと◯がもらえないので、
こう書くように教えますが、
低学年や高学年でも習い始めの生徒さんには
皆さんどのように教えておられますか。導入の曲で説明に良い曲あれば教えてください。”
関西方面にお住いの杉野先生の記事。

実は奥が深い 楽語・記号の意味

この、テヌートの意味はかわいらしい間違いですね。
楽語や 音楽の記号にはニュアンスを示すものも多く、
子どもに納得させるのは 難しい。
教科書の表記があまり正しくないことも多いです。
よくあるのが、スタッカート。
「・」こういう記号ですね。
生徒さんに意味をきくと、
短く切る、跳ねる  と返ってきます
もともと スタッカート記号の意味は
「半分くらいの長さに」
4分の4拍子の曲で、四分音符にスタッカーとがついていたら
「跳ねる」感じはしないと思います。
ちょっとだけ押さえる のような雰囲気。
繋げないけど切らない、ような。
曲の最後についている
ラレンタンド。
「だんだん遅く」だと思っている方が多いです。
リタルダンドと混同していますね。
ラレンタンドは 手綱を引いて、が本来の意味。
現代ではピンとこないので、
坂道を自転車で走りながら、少しずつブレーキをかける と
説明しています。

楽語の意味には 微妙なものが多いので、
一つずつ、辞典を調べるのがおすすめです。

 - ピアノのお話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

本番で緊張しないでピアノを弾く方法?

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   徹子の部屋 という …

自分で選んだ曲だから頑張れる ピアノステップ、ピアノグレード

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 グレード試験、ピティナステ …

海辺のそよ風 とともに 美津子さん

<p>こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。</p&g …

流れる感じの曲は嫌いなはずが・・。

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 さゆみちゃん(中1)のレッ …

バッハ
ちょっと 音楽史のおはなし

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 学校の社会の授業では世界史 …

ゆびづかい
奥深い ピアノの指使い 決め方のコツ

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです   昨日橋本さん(30代 …

高学年でも続けやすいピアノレッスンとは

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです   とうやくん(小3)の …

マリネ
クリスマスに聴きたい・弾きたいピアノ

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 もうすぐクリスマス。 この …

ストップウオッチ
ピアノは、毎日5分でも弾いたほうがいいですか?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 よく、「少しの時間でも毎日 …

音楽学校
音楽学校ってどんなところですか  保護者の方へ

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 最近、保護者の方から音楽 …