白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

いつも通りの環境でピアノ演奏を グレード試験

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

生徒さん6人がグレード試験を受けました。

ことねちゃん、ありさちゃん、りさちゃん、ともやすくん、
ちおちゃん、ゆいちゃん。

ことねちゃん(年長)が15級を受験したのですが
私にとっても、15級は初めての経験でした。

10月にカワイグレートテストの試験曲が大幅に増え、
はじめての試験です。

今回弾いた中に、受験曲として使ったことのないものが3分の一くらいありました。

全員の受験に立ち会いましたが、試験中にも今までなかったことが。

曲の確認をされた後、自由曲は途中で審査を終わることもある。とお話が。

でもね、これじゃあ、小1のありさちゃんには伝わりません。
途中でおしまいって言われるかもってことね。と私から説明して・・。

こういう小さなことでも、不安要素があるまま演奏すると、失敗のもと。

それと、椅子の高さや位置もです。

自分の演奏順の前の人が、必ず自分と同じ椅子の高さとは限りません。
本当は、納得いくまで自分で直せればいいのだけれど、
やはり低学年以下の生徒さんには難しいようです。

審査員の先生はそこまで細かく見ていないので、
今回も、椅子の高さがあってない受験者が見られました。

ゆめピアノの生徒さんは、全員いつも通りのいすの高さに調整してあげられました。

演奏の内容は、
全員よく弾けていたと思います。

手前味噌ですが、うちの教室はレベルが高いなと感じました。
それは、カワイのグレード試験では、というお話。

これがピティナのコンペティションだったら、全く違います。

もっとレベルの高い人たちの中で演奏させないといけないのかな、とちょっと考えた1日でした。

 - ピアノのお話, 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノ連弾
ピアノ連弾の準備 すすめています

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 今週は、生徒さんのお母さん …

奨学金
自分の力で学ぶ ということ

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 我が家には二人の息子がおり …

小説
ピアノ演奏の中身だけで勝負しない

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです コンサートにおいては、演奏者が、 …

聞く
きょうだいでもピアノの教え方は違う

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 今、ゆめピアノには5組のき …

合唱
ピアノの腕に自信が持てないとき

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 卒業、入学のシーズンに、学 …

ピティナステップ 3人の先生の講評

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピティナステップ表参道に参 …

ピアノと一生友達でいるために

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノを一生の友達に。 ゆ …

ピアノレッスン 今年の抱負は?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 1月2日、昨晩はいいゆめみ …

ピアノを弾くのに、爪を切らないといけないの?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノを弾くのに、どうして …

バイエル
ピアノ教本「バイエル」はよくないの?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノ教則本「バイエル」は …