白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

ピアノで音色の重さをコントロールする方法

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

ピアノのレッスンで、「音色が重い・軽い」といわれることはありませんか。

実際に、音には重さはありませんよね。
手に取ることができないし、はかりにのせて測れません。

音の「感じ」のことです。

いつでも思った通りに音色をコントロールできるt、ソロでもアンサンブルでも、表現が広がります。
ぜひコツをつかみましょう。

まず、音色の練習なので、最初は必ずアコースティックのピアノで練習します。
電子ピアノではどんなにタッチを変えても、音色の変化はわかりません。

一番わかりやすい方法は、「先生の手の上に自分の手をのせて、弾いてもらうこと」
文字通り、体で覚えます。

この体感を文字で書くと、重い音色は腕の重みを指にのせるようにして鍵盤を押します。
弾くときに腕を使う方向は、上から下。

鍵盤にもたれる感じでしょうか。

逆に軽い音色は、力を鍵盤の下から上へ。
鍵盤を押し付けず。上腕を使って。つまさきで軽やかに歩く感じですね。

それから、指がしっかりしている人向けに。

あまり指を立てずに、少し指の腹を使ってひくと、やわらかい音色が出ます。
ただ、フォームができていない小さい子供、大人でも初心者は指がつぶれるので注意が必要です。

軽やかな音のときは軽やかな、するどい音のときは鋭い動作など、
望む音のイメージと会う動作をすると、思った音色が出せます。

以上の練習は、アコースティックピアノで練習するのが基本。
でも、少しコツがわかったら、家の電子ピアノでも同じようなイメージでひいてみましょう。

音色は同じですが、

自分のイメージを手に伝えて、表現してみてくださいね。

 - ピアノの練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ビーフシチュー
同じ楽譜を見て弾いても、演奏に違いが出る理由

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 同じ楽譜を使って楽譜どお …

両手
ピアノを両手で弾くコツ

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 大人がピアノを習い始めた …

おつかいありさん
保育現場で必要な、ピアノの技術って何?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 きょうも、保育の仕事をして …

疑問
変形した指でも 工夫してピアノを弾く方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 「以前、薬指を骨折してしま …

グランドピアノ
家にピアノがない  続ける方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 4月になり、進学、就職のシ …

指が動く
ピアノを手元を見ないでひく練習

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノを弾くとき、鍵盤ばか …

おつかいありさん
保育現場で必要な、ピアノの技術って何?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 きょうも、保育の仕事をして …

耳
耳コピって、誰にでもできるの?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 「耳コピ」という言葉をご存 …

指の絵
指が動かない、を解決する方法

大人のピアノの悩みNo1は「指が動かないこと」です。 気持ちはあるのに、指は思っ …

楽譜を見てピアノ演奏する時 あたふたしないために

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 私は大人の生徒さんには暗譜 …