白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

ある時3段抜かしで上達する ピアノの不思議

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

美津子さん(おとな)のレッスンをしました。

コンスタントにコツコツ練習なさっているのですが、音がはっきりしなかったりリズムが転んだり、
「頑張っているのになあ…」という印象が続いていました。

久しぶりに、好きなショパンの中からワルツを選択。
前回、左手の和音が3つそろって聞こえるように、という注文をしていました。

かなり注意して練習なさったのでしょう。
全曲通して、和音の音が抜けることはありませんでした。

こういうのを聴くと、「ピアノは小さいうちからやらないとだめ」というのは神話だよなあ、と感じます。

絶対音感のように、臨界点のある能力は大人になってからは難しいでしょう。

でも、楽しんでピアノを弾く レベルでは、どれだけ注意深く練習するかにかかっているように思います。

昔よく言われた「たくさん練習するほど良い」というのもほんとに聞かなくなりました。

毎日一定量は必要でしょうが、長時間やったらいいっていうものでもありません。

「和音の音が抜けないように」注意深く弾き、注意深く聞くには集中力が必要です。
何時間も持続するとは思えません。

美津子さんのショパンは、和音が抜けなくなったことで土台がしっかりして、旋律がよく聞こえるようになりました。

以前、似たような伴奏パターンの曲をいくつか弾かれていましたが、かなりの上達だと思います。

大人と子ども、変わらないなあ、と思ったことが一つ。

順調に1段1段上達はしない、ということ。

ずっと何の進歩もないように見える時期が続いて、ある時ポンっと3段抜かし位するのです。
停滞しているときに、いかに我慢強く練習するか。

なんだか、ダイエットに似ていますね。

 - これからピアノを始める方へ, シニア向けピアノ, ピアノの練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

樹原涼子
ピアノのおけいこは 大きくなったら手遅れ?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 外は寒くて、きょうは東京で …

合唱をひきたたせるピアノ伴奏 5つのポイント

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 もうすぐ年度末。学校の卒業 …

おかあさんとこども
ピアノで躓く保育士さんの卵 はやめに準備

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   以前 ピアノ指導の …

うたう
ピアノで歌う練習をするには 指1本でひいてみる

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノという楽器に習熟して …

ピアノの姿勢
上達に差が出る,[正しい姿勢]とは?ポイントは6つ

ピアノを練習していると肩が痛くなる、手首が痛くなる、腰が… そういう …

トンプソンはじめてのピアノ
ピアノ教本を選ぶ

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノの先生の大事な役目に …

ピアノ指くぐり
ピアノでアルペジオを弾くと、1の指にアクセントが 練習法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノ初心者の方も、楽譜が …

亀有リリオ
手の小さい人がショパンを弾く方法

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 美津子さんのレッスン。 …

万城先生
シンプルなコードで問われる歌唱力 ピアノ弾き語り

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 万城先生のレッスンでした。 …

楽譜
楽譜を覚えてピアノを弾いてもいいですか  読譜がスラスラできる方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 楽譜がスラスラ読めない・・ …