白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

古典派、バロックがピアノに欠かせない理由

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

先日、ステップに生徒さんを出して、ほかの教室の生徒さんの演奏を聴いて
思ったこと。

何人かの方が、古典派のソナチネ、クレメンティやクーラウなどの定番の曲を
弾かれました。

きちんとしたテクニックと解釈で、日頃基礎的な練習をされているのが
よくわかりました。

教師である私たちの世代は、ピアノのレッスンはハノンなどの指の練習、チェルニー、
そしてソナチネアルバムをくまなく弾いた方は多いと思います。

小学生のころ、私の先生はずっとそれが定番、発表会の時などにちょっとした題名の付いた
名曲を弾かせてくれました。
バッハ
ほとんどを古典派、これにバッハのインベンションを加えて、
レッスンしていた記憶があります。

私のレッスンでは、決してそのスタイルだけで教えていません。
発表会以外でもよく名曲集から弾かせたり、ポップスもやります。

でも、古典派のソナチネは、欠かせないです。

古典派だけに偏るのはよくないですが、これをやらずにショパンなどのロマン派や
近・現代曲をやっていくと、基礎の指づくり、運指、音階の弾き方など、
様々なピアノ学習のだいじな初期練習をぬかして、あとでしまった!ちゃんとやっておけばよかった
と後悔すると思います。

バッハでポリフォニーを学び、古典派で曲の形式や様式を知る。

そして、後のロマン派、近・現代曲がどのように自由に展開していくかを知る上で、
ピアノ学習の基礎は、古典なくしては語れないのです。

小さい生徒さんは与えられたものを黙々とこなしてはいるのですが、
古典を練習する意味が分かるのは、ずっと大きくなってからでしょうね。

 - ピアノのお話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノの本番に、背伸びした曲を選べるのはどんな人?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   ピアノ発表会 …

no image
涼しげアンサンブル ママベル 20人でリレー!連弾 サマーコンサート

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   ゆめピアノで …

松本裕美子先生
クロワール って なんでしょう?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 「クロワール」という言葉を …

グループレッスン
はじめから 音符を読む習慣を

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 私の指導方針として欠かせな …

時計
長く続けるピアノレッスンだからできること

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 このところ、子供が犠牲にな …

学校
ピアノで自分を発揮して

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 小学校低学年の生徒さん A …

モーツアルト
モーツアルト?

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。     こん …

ピティナステップ 3人の先生の講評

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピティナステップ表参道に参 …

ピアノを弾く手
これだけは!楽譜の基礎知識1

ピアノ上達のキーポイントは「読譜力」! 今回は読譜力のベースとなる、ピアノを弾く …

ことねちゃん らいねんもやりたいな サマーコンサート

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 年に一度のサマーコンサート …