白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

古典派、バロックがピアノに欠かせない理由

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

先日、ステップに生徒さんを出して、ほかの教室の生徒さんの演奏を聴いて
思ったこと。

何人かの方が、古典派のソナチネ、クレメンティやクーラウなどの定番の曲を
弾かれました。

きちんとしたテクニックと解釈で、日頃基礎的な練習をされているのが
よくわかりました。

教師である私たちの世代は、ピアノのレッスンはハノンなどの指の練習、チェルニー、
そしてソナチネアルバムをくまなく弾いた方は多いと思います。

小学生のころ、私の先生はずっとそれが定番、発表会の時などにちょっとした題名の付いた
名曲を弾かせてくれました。
バッハ
ほとんどを古典派、これにバッハのインベンションを加えて、
レッスンしていた記憶があります。

私のレッスンでは、決してそのスタイルだけで教えていません。
発表会以外でもよく名曲集から弾かせたり、ポップスもやります。

でも、古典派のソナチネは、欠かせないです。

古典派だけに偏るのはよくないですが、これをやらずにショパンなどのロマン派や
近・現代曲をやっていくと、基礎の指づくり、運指、音階の弾き方など、
様々なピアノ学習のだいじな初期練習をぬかして、あとでしまった!ちゃんとやっておけばよかった
と後悔すると思います。

バッハでポリフォニーを学び、古典派で曲の形式や様式を知る。

そして、後のロマン派、近・現代曲がどのように自由に展開していくかを知る上で、
ピアノ学習の基礎は、古典なくしては語れないのです。

小さい生徒さんは与えられたものを黙々とこなしてはいるのですが、
古典を練習する意味が分かるのは、ずっと大きくなってからでしょうね。

 - ピアノのお話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノ発表会 緊張する理由

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノ発表会・・緊張します …

ピアノ上達がとまってしまう いろいろな原因

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノの上達が頭打ちになっ …

飛行機
ピアノレッスンが長続きする大人 3つの特徴

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 今、教室には12人の大人 …

樹原涼子
ピアノのおけいこは 大きくなったら手遅れ?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 外は寒くて、きょうは東京で …

指番号が大切な理由

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 中1のえりちゃん。すこしまえのレ …

打楽器
ピアノグレードテスト どんどん受けたいけれど

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ともやすくん(小2)のレッ …

ピアノ指くぐり
ピアノを一生懸命に弾きすぎて つい乱暴に

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 今月は面談月。 子どもの生 …

目を閉じる
ピアノを弾きながら、ほかのことを考えてもいいですか

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 そこで今回は、「ピアノを弾 …

グレングールド
オーソドックスな演奏だけでなく、個性的なものも聞く

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 休みを生かして、DVDを見 …

海辺のそよ風 とともに 美津子さん

<p>こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。</p&g …