白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

本番で緊張しないでピアノを弾く方法?

   

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

 

徹子の部屋 という 長寿番組がありますね。

私は大好きで、よく見ます。

 

放送時間帯がちょうど レッスンがないというのもGood。

 

昨日はシンクロナイズドスイミング(今は名前が変わりましたね)のメダリスト

田中ウルヴェ京さんがゲスト。

 

メンタルトレーナーとしてメディアに多数登場されていますが、

小谷実可子さんといっしょに、オリンピックに参加されていたんです。

田中

 

 

私は、ラジオのテレフォン人生相談も大好きで、

田中ウルヴェ京さんは 回答者として活躍されています。

そこでの回答がピンと来なくて、

あんまり親しめないな~と感じていました。

 

 

ところが・・

 

徹子の部屋でのお話はとてもよかった。

 

黒柳徹子さんが舞台人であるところから、

本番で緊張しないで演奏するには どうしたらいいか

 

メンタルトレーナーとしての お話でした

 

緊張しないようにするのをやめること

 

いわく

 

緊張はするものだ。

しないようにする、のはやめること。

 

その舞台に真剣に取り組んできたからこそ

緊張する。

 

緊張はするけれど

足はしっかり踏ん張ろう  とか

口は大きく開けよう(歌うから) とか

振りは大きく動かそう とか

 

 

本番での 体の状態に焦点を絞って

具体的に「こうしよう」と思うのがコツ。

 

だそうです。

 

ピアノだと、

脇を締めないようにしよう とかでしょうか・・・。

 

背筋を伸ばそう、でもいいかもしれません。

 

 

なんとなくですが、 指先をどうこうしよう、というのは

余計に緊張しそうな気がします。

 

私が以前やって いまひとつだったのは

 

ピアノの弦を見よう  でした。

 

 

本番でのグランドピアノは屋根が開けてあるので、

向こうのほうまで現が見渡せるんですね。

 

なんだかキラキラしちゃって、

だめでした・・。

 

皆さんも、

本番で集中する動作、考えてみてくださいね。

 

 

 

 - ピアノのお話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

松本裕美子先生
クロワール って なんでしょう?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 「クロワール」という言葉を …

おかあさんとこども
保育士試験合格 さとるさん

こんにちは。 ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   さとるさん20代 …

成長する子供たち

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   感染症対策で …

音楽
ピアノでクラシックを学ぶ理由

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   ピアノを習う場合、 …

カッコー
いい曲なのに、人気がないの?カッコー

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   ピアノ発表会向け人 …

保護者も お子さんのピアノに関心をもって

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   ピアノレッス …

楽譜
お気に入りのピアノ教材を選ぶ

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 とうやくんのレッスンで、次 …

腕の重さを利用する 脱力がポイント

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです   お漬物を作るのに、一 …

生徒さんの話を「聴く」こと

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノの先生は話を聞く仕事 …

未来を引っ張っていく 若者を育てること

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   次男の通う  …