白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

キーボードで練習すると、ついてしまう癖は?

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

美音ちゃんのレッスンをしました。

もともとピアノが好きで、一生懸命にひくあまり笑顔の少ない美音ちゃん。
気持ちはわかりますよね。

プレピアノランドで基本的なフォームや楽譜の味方、中央の度を挟んで1オクターブ分の音符を読むことはしっかりできるようになりました。

今は、続きのピアノランドテクニックで、腕の使い方やタッチの使い分けを練習中です。

実は美音ちゃんは、1年以上キーボードで練習していました。
お母さんが、何とか電子ピアノではなく、アップライトピアノを用意できないかと頑張っていたためです。

結局いつまでも美音ちゃんを待たせられないし、と、電子ピアノをまず購入しました。

キーボードで着ついてしまった弾き方の癖は、少しずつ良くなっています。
特に、指がそってしまうことはほとんどなくなりました。

ですが、腕を振る癖は治りません。

この癖は、元気な子供さんによく見られます。
大きな音を出したいのに、指の力が弱いので腕を振ってカバーしてしまうのです。

なぜ腕を振って弾いてはいけないのか。

まず、音が乱暴になる。
小さい音は出ない。
レガートに弾いても、波打った感じになる

アコースティックピアノを使っていても、こういう癖はあります。
が、キーボードで練習している生徒さんは全員必ず、腕を振っています。

理由は、

電子ピアノに比べても、キーボードの鍵盤は浅い。
すぐにそこに届いてしまうので、打鍵の力が余ってしまい。さらに下へと手首が下がる

・・ということじゃないかなあ、と思います。
うでふり

たぶん、紙鍵盤でも同じことが起こるはず。

1年間かけてつけてしまった癖は、直すのに倍の時間が必要です。
毎回、「腕ふらないでー」といわれるのは苦痛でしょうが…。

根気良く、直したいと思います。

 - 今日のレッスン, 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

是非、おうちの方もレッスンにおいでください

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 千智ちゃん(小2)のレッス …

レッスン中注意 工夫とは

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです   レッスン中に直してほ …

やさしさに包まれたなら
ピアノ連弾曲 サマーコンサートの曲を選ぶ方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 2018年サマーコンサート …

合唱
合唱コンクールのピアノ伴奏

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 中学、高校は、そろそろ合唱 …

走る子
毎日ピアノを練習したら…

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 なつきちゃん(小1)のレッ …

グループレッスン
新しいことを覚えるまで

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   新しい課題が …

ノートと鉛筆
自分のピアノ演奏を客観的にみる

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 はるきくん(小4)のレッス …

せかいいちの人

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   発表会で演奏を聴き …

ピアノ
ピアノを始めるとき 基本姿勢を身につける

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 初心者のピアノの効果的な練 …

連弾
ピアノアンサンブル 経験を積むと

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 昨日は二組の、連弾レッスン …