白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

指の力を強くする方法

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

生徒さんのお悩みです。

指の力が弱くて、レッスン室のピアノの鍵盤が重く感じられます。
楽譜が読めて、次の音がわかっていても、鍵盤が重くてすらすら弾けません。
どうやったら指の力が付きますか。

確かに、特に家で電子ピアノで練習の場合。
電子ピアノは、ボタンを押して音を出す方式。

アコースティックは、鍵盤を押し、ハンマーで弦をたたくという大仕事です。
重く感じるかもしれませんね。

目をつぶってピアノ

いい方法があります。
スタッカートの練習。

指。腕の力の強化に  スタッカート練習

最初はゆっくり、とても小さい音でスタッカート。
単音でOKです。

ポン、ポンといった感じで歯切れよく。
鍵盤からの手ごたえを感じながら弾きます。

慣れてきたら音を大きくしていきます。
強く弾くためには、指が鍵盤からの衝撃に耐えなくてはいけません。

鍵盤にあたる瞬間だげぐっと力を入れて、あとは抜きます。ボールのように、跳ね返ってください。

鍵盤の衝撃に耐えるためには、指の付け根が柔軟に、しっかりと鍵盤からの反応を受け止めなくてはいけません。
レッスンでは、「手の山」といっている場所です。

この指の付け根が、しっかり指を支えられると、しっかりした芯のある音が出ます。
この手ごたえを支えて行くうちに、指が強くなります。

大事なのは、鍛えるという感覚だけでなく、力を抜くことです。

じっくり時間をかけて、よく観察しながら練習してくださいね。

 - ピアノの練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノの生徒さんとコミュニケーションをとるために

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 私は朝晩、ラジオをきいてい …

手を重ねる
先生の手の上に自分の手をのせてピアノを弾くこと

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 音が全部重すぎる、両手のバ …

ピアノの練習 挫折しない方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 大人の方に多いのが、「何度 …

ストップウオッチ
ピアノ上達のコツ(そして人間関係も?) すぐに!

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 この記事を読んでくださって …

ピアノの練習方法を、一緒に考える

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです レッスン2年目、小4生徒さん。 ピ …

時計
小学生のうちに隙間時間でピアノの練習を

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 小学生の生徒達には毎年言っ …

ひるね
シニアのピアノ練習のコツ その1

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 シニア世代のピアノ練習 …

プレぴ
練習できなかったときの レッスンとは?

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノが弾けるようにな …

大人の初心者にお勧めの楽譜は?

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 今日は、「ピアノ教材選び …

ノートと鉛筆
ピアノ上達のカギ レッスンノート活用しています

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 今年の始めから、「レッスン …