白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

指の力を強くする方法

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

生徒さんのお悩みです。

指の力が弱くて、レッスン室のピアノの鍵盤が重く感じられます。
楽譜が読めて、次の音がわかっていても、鍵盤が重くてすらすら弾けません。
どうやったら指の力が付きますか。

確かに、特に家で電子ピアノで練習の場合。
電子ピアノは、ボタンを押して音を出す方式。

アコースティックは、鍵盤を押し、ハンマーで弦をたたくという大仕事です。
重く感じるかもしれませんね。

目をつぶってピアノ

いい方法があります。
スタッカートの練習。

指。腕の力の強化に  スタッカート練習

最初はゆっくり、とても小さい音でスタッカート。
単音でOKです。

ポン、ポンといった感じで歯切れよく。
鍵盤からの手ごたえを感じながら弾きます。

慣れてきたら音を大きくしていきます。
強く弾くためには、指が鍵盤からの衝撃に耐えなくてはいけません。

鍵盤にあたる瞬間だげぐっと力を入れて、あとは抜きます。ボールのように、跳ね返ってください。

鍵盤の衝撃に耐えるためには、指の付け根が柔軟に、しっかりと鍵盤からの反応を受け止めなくてはいけません。
レッスンでは、「手の山」といっている場所です。

この指の付け根が、しっかり指を支えられると、しっかりした芯のある音が出ます。
この手ごたえを支えて行くうちに、指が強くなります。

大事なのは、鍛えるという感覚だけでなく、力を抜くことです。

じっくり時間をかけて、よく観察しながら練習してくださいね。

 - ピアノの練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

オリンピック
1日何時間練習したらピアニストになれますか

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアニストになるには、1日 …

パソコン
合理的なピアノ練習法 効率的な指使い

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 きょうは、ピアノ初心者によ …

ピアノで音色の重さをコントロールする方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノのレッスンで、「音色 …

音階
ピアノの指くぐりのコツ

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 今回は初心者の関門、ピア …

楽譜
鍵盤を見ないとピアノが弾けない を解決する方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです 生徒さんの中に楽譜を見ずに、 …

山
ピアノの音がなんだかバラバラな時の練習法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 自宅でのピアノ練習で、録音 …

おつかいありさん
保育現場で必要な、ピアノの技術って何?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 きょうも、保育の仕事をして …

ピアノ
自分で、自分のピアノの先生になる方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 大人がピアノを楽しむのに、 …

料理
同じ楽譜でも、弾く人によって違いが出る理由

同じ楽譜を使って楽譜どおりに弾いていても、人によって演奏は違って聞こえます。 も …

ストップウオッチ
すき間の5分間で練習する方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 音楽は聴くのも楽しいですが …