白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

ちょうどいいテンポを決める方法

   

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

曲のテンポについて、一番いい速さはどれくらいでしょうか。

まず考えるのは、楽譜の最初に表示してある速度記号。
アレグロとか、モデラート。
♩=80なんていうのも。

アレグロなら速く、なので、速い感じの曲です。

感じ、なので、メトロノームでいくつというものはありません。
実際、アラベスクの曲の演奏を5人聞いたら、それぞれ違いますよね。

先日、こんなことがありました。
サマーコンサートを控えたあやかちゃんのレッスンで、おしゃれキャットという
軽快でリズミカルな、スイングの曲。

曲調から言って速いテンポで弾くほうがいいので、あやかちゃんは前回レッスンよりかなりテンポを上げてきました。

難しい所が崩れる。
テンポが一定しない。
なんとなく、くちゃっとしたな感じです

前回のもう少し遅いテンポではしっかり弾いていたので、この速さは無理だということです。

少しゆっくりに戻して、メトロノームで速さを決めました。
いくつかのテンポで試してみて、曲の雰囲気が出てなおかつきちんと弾けるものに。


きっと、何年か後にこの曲をひいたら、速く弾いてもいけるでしょう。

たとえ楽譜に♩=80と書いてあっても、全員がこの速さで弾かなければいけない、という意味じゃない。
あくまで目安で、こんな雰囲気で弾いてね、ということです。

意外とゆっくりなテンポをキープして弾くのは難しいもの。
私自身も、間が持たないので少しはやめにして、レッスンで注意されます。

テンポ感というのは、ピアノ歴が長くなったから簡単になるわけでなく、
ずっと決めるのはむずかしく、大切なことだと思います。

ちょっとはやく、ちょっと遅くしただけで、雰囲気が変わるし、
うまく弾けなくなることもありますね。

 - ピアノの練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

自分の音をよく聴く方法

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノ練習で大切なこと …

これだけは毎日、練習したいものは?

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです ピアノは、1日にたくさん …

ピアノが上達する方法

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 さて、今日は初見力。 …

同じ楽譜でも、弾く人によって違いが出る理由

同じ楽譜を使って楽譜どおりに弾いていても、人によって演奏は違って聞こえます。 も …

ハノン 効果的な練習法

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです ピアノ教則本の中で、1番 …

声部を分けて練習する理由

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 50代後半の男性、荒島さ …

夏休み
レッスンをおやすみ中 ピアノを続ける4つのポイント

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 この時期になると、レッ …

ピアノ演奏の基礎3 スタッカートの演奏方法とは

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 「音を切る」と日本語訳さ …

ピアノの上達が早い人 5つの特徴

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 たくさんの生徒さんがい …

ピアノの指くぐりのコツ

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 今回は初心者の関門、ピア …