白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

合唱コンクールのピアノ伴奏

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

中学、高校は、そろそろ合唱コンクールの時期です。
今練習に励んでいる方も多いはず。

先日、伴奏を引き受けたあゆみさんが、レッスンを始めました。
合唱コンクールまでは、週2回はレッスンしたいとのこと。

お話を伺うと、小さい時に5年ほど、ピアノを習っていたそう。
早速曲をひいてもらいましたが、譜読みはあまり問題がなさそうです。

バランスが悪く、右手の和音だけが目立ってしまう。

ちょうど最近、研究会の先生がおっしゃっていたのは、

「本来、合唱の伴奏はオーケストラが担うといいようにできている。
 左手のバスは、ベースがしっかり支え、パーカッションがしっかりリズムを刻み(ピアノでは、右手の和音がこれをしてます)
 弦楽器が和音を担当。」

そうなんですね。
だから、普通にピアノを弾いている感覚ではなく、かなりしっかり左手がバスを弾く。

右手の和音は、リズムを刻むために何回も連打します。
ペダルを踏んでいることもあり、音量が増幅してしまうので、軽く弾いてちょうどいいのです。

合唱

上手な伴奏だと、合唱と一体になって盛り上がっていきます。
ピアノそのものがすごく上手でもなかなかそうはならないので、
ユーチューブなどで、たくさん合唱を聞いてみるのもおすすめです。

実は、合唱コンクールの伴奏をレッスンするのはこれが初めて。とてもうれしいです。

体験レッスンにいらっしゃる方にお話しする、私の目標の一つが
「合唱コンクールで伴奏ができるくらいに」

歌と一体になって、本番を迎えられるように頑張りましょう。

 

 - ピアノのお話, 今日のレッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

楽語 は 音楽に色をつけてくれる

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   楽譜の中で使われる …

ピアノレッスン 間隔があくとどうなるか

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   冬休み中、お …

ピアノ 太い指
ピアノのすべての鍵盤を弾いてみる

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   レッスンで使 …

グループレッスン
はじめから 音符を読む習慣を

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 私の指導方針として欠かせな …

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ますこしょうこ先生の継続セ …

ピアノ男子
一つの曲を長くピアノで弾き続ける

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   6月にサマーコンサ …

音楽
音楽用語 ピアノを弾くうえで、深い意味も知って

ピアノレッスンのための音楽ドリルはたくさんあります。 最近では大人用のものもでき …

ピアノ発表会 緊張する理由

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノ発表会・・緊張します …

力
ピアノレッスンで伝える 生きる力

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノレッスンでできること …

バッハ
長く取り組む大曲一緒に、軽めの曲を

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 りささん(おとな)のレッス …