白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

おうちの方は、黙って見守って ピアノレッスン

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

ことね(年中)ちゃんのレッスンをしました。

ちゃんとやればリズム打ちも音符を読むのもかなりできることねちゃん。
でも、すごく嫌嫌な態度になったり、だらだらしてやる気が見えません。

照れ隠しなのか、お母さんに甘えているのか。

試しに、一緒に見ていただいていたお母さんに、廊下に出ていただきました。

幼稚園、小学校の進級を控えて、こういうパターンを踏む生徒さんが増えています。
ゆうと君(年長)ななちゃん(年少)もそうです。

たいてい、一人でレッスンしたほうがちゃんとできます。

これは、大人から見ると不思議で…。

人に見られているからちゃんとする、というのが、大人の考え。

誰も見ていなかったら、ちょっとだらけたり。

でも、小さい子供は、ちょっと違います。
お母さんが一緒だと安心する半面、甘えてしまうというか、赤ちゃんっぽい気分になるのでしょう。

何か質問しても、すぐにお母さんにお伺いを立てたり。

逆に、お母さんがすぐにフォローしてしまう場合もあります。

お医者さんにかかって、医師が子供に「どこが痛いの」と聞いても、
みんなお母さんが「昨日からおなかが痛いらしく」と答えてしまうシーン、よくありますね。

同じです。

客観的にみれば「口出しされている」状態なのです。

そばにいれば我が子へのもどかしさからついつい口をはさんでしまう。

なので、物理的に離れていただくのです。

親離れ子離れというには大袈裟ですが、第1歩というところでしょうか。

離れて失敗したという経験は今までありません。
なので、安心して、見守ってくださいね。

 - 今日のレッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

トンボの眼鏡
保育の現場で役立つピアノは?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 百合さん(仮名 おとな)の …

「弾きこむ曲」必要な理由

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです 友美さんのレッスン。 4 …

あいホール
最後の仕上げ ピアノ聞きあい会

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 なつきちゃんのレッスンをし …

細田先生のピアノレッスン 千緒ちゃん(中1)と

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   8月に千緒ちゃん( …

ピアノレッスン
ピアノレッスンは楽しくするもの?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 こうしろうくんのレッスンで …

女の子
ピアノの先生の役割

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   今日高学年の …

ピアノを弾く人
サマーコンサートの曲 選びなおす理由

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 サマーコンサートの準備が進 …

花
いろいろな楽譜があるということを知って

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 美音(小3)ちゃんのレッス …

練習のペースをつかむ

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ちひろちゃんのレッスン。 …

音程
自分で、自分のピアノの先生になって

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 千緒ちゃんのレッスン。 小 …