白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

生徒さんの話を「聴く」こと

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

ピアノの先生は話を聞く仕事です。
指導者の藤拓弘先生は、 メルマガで以下のようにお話ししています。

「あのね、今日ね、学校でね」

生徒がレッスン室に来るなり、挨拶もそこそこに、今日あったことを先生に話し始める—

どのピアノ教室にもある、日常風景ですね。

 

 

考えてみると、自分の話を聴いてくれる大人は、彼らにとってそれほど多くないかもしれません。

 

1対1の習い事は、それほど多くありませんし、これほど長い年月を、一緒に過ごす大人も
他にいないのではと思うからです。

 

 

子どもたちは、話したいことがいっぱい。聞いて欲しいことがいっぱい。

受け止めて欲しいことがいっぱいです。

 

それを、しっかり受け止められるのが、ピアノの先生、と言えるかもしれません。

 

自分の話を聴いてくれる人に…

ただ、話を聴くと言っても、結構難しかったりします。

 

なぜなら、相手の心を中心にした聴き方、「共感」をベースにしなければ、

生徒は嬉しくない、先生ちゃんと聞いてる?
みたいな感じになるからです。

 

 

そうなると、「自分の話を聴かない人の話は聴かない」みたいな悪循環が生まれるわけです。

先生の言うことは聞かない、みたいになっては辛いですよね。

 

彼らが本当に伝えたいことは…

生徒が伝えたいのは「事実」というより、そこで感じた「気持ち」だと知っていて、

「そうだったんだー!よかったね!」「…そうだったんだ、それはつらかったね…」みたいに寄

り添う反応を返す。

つまり、ちゃんと話を聴いているというメッセージを送りながら、

子どもたちの気持ちを受け止め、それを伝えることをしているわけです。

 

 

それから「笑顔」です。たとえば、能面のような表情の人には、話すのを躊躇してしまうと思います。

 

こわいし、聞いてくれなさそう。

 

 

逆に、笑顔だったりほほえんでいる人には、受け入れてくれそうな雰囲気があります。

 

つまり、顔の表情によって相手に「拒否」にも「受け入れ」にも受け止められてしまうわけです。

だからこそ、顔の表情で聴いてるオーラを出して、子どもたちの安心を引き出している

 

どの話も使える情報である

さらに、生徒の話をレッスンに活かす。たとえば、さらっている曲が、どうもその雰囲気が出ないとき。

「さっき話してくれた楽しい気分で弾いてみたら?」
「さっきの悲しい気持ちってどんな音になる…?」

みたいな感じでしょうか。

 

 

いかがですか?

 

話を聞いてくれない人の話は聞かない。 すごくよくわかりますね。

 - これからピアノを始める方へ, ピアノのお話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

聴音
聴音のレッスンが役立つ理由

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。   私は子供のレ …

反田恭平
電子ピアノの利用法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 反田恭平さんというピアニス …

ストップウオッチ
ピアノは、毎日5分でも弾いたほうがいいですか?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 よく、「少しの時間でも毎日 …

耳
耳コピも、大事なピアノの力

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 のぞみちゃん(6年生)のお …

ロボット
ピアノ演奏の基礎1 音の粒を揃える

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです >どんなスタイルの …

スイッチ
ピアノのやる気スイッチはどこ?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 レッスンを始めてもうすぐ3 …

幼児
子どものピアノ教本 選び方

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 子どものピアノ教本 選び方 …

小説
ピアノ演奏の中身だけで勝負しない

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです コンサートにおいては、演奏者が、 …

小学生の時ピアノきらいだった!?

こんにちは、葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 次男から 衝撃的な言葉を聞 …

時計
小学生のうちに隙間時間でピアノの練習を

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 小学生の生徒達には毎年言っ …