白鳥・亀有・青戸・青砥・堀切・お花茶屋近隣にお住まいの方へ。大人の趣味にピアノがおすすめです。

ゆめピアノ教室〜大人の趣味にピアノはいかがですか?

大人のピアノ カギは読譜力

   

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。

りささん(おとな)のレッスンをしました。

職場を変わったりしてしばらくレッスンを休んでいたので、久しぶり。
相変わらずよく練習しています。

6月の聞きあい会に向けて JCFバッハ(よく弾かれるJSバッハの息子 なんと7男)のソルファージュを練習中。
とてもよく弾いているのですが、曲として物足りない感じです。
バッハ

バッハなどのバロック曲でありがちなのですが、淡々と弾いてしまう。
ショパンなどのロマン派だと情感を込めて弾くのに・・。

バロック曲の「イメージ」かなあ、と思います。

確かにテンポルバートで揺らしたりすることはありませんが、もっと感情をこめていいのです。
私自身も、最初にバッハの曲で「歌って(歌うように弾いて)」とレッスンされたときはびっくり。

勝手にバッハは歌わない、と決めてかかっていたからです。

ソルファージュは両手の賭け買いが積み重なって、どんどん盛り上がっていく曲。
かなりドラマチックです。

見本になるような大胆な模範演奏を探してみようかな。

りささんを見ていて思うのですが、大人のレッスンが楽しくできるかどうかは、譜読みのスムーズさにかかっていると思います。
子どもの導入期に、以下に譜読みをしっかりできるよう育てるか。

生涯ピアノを弾いていくためのカギだと思います。

大人になってから譜読みを始めた場合も、最初の1,2年で頑張って、なるべくたくさんの曲を譜読みすることだと思います。
いつまでも、数えながら読んでいると、結局楽譜を見るのが嫌になってしまうでしょう。

 - シニア向けピアノ, 今日のレッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

日本人の作品に触れる 作曲者とお話もできます

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノレッスンではいろいろ …

楽譜
ピアノレッスンにクラシック曲を使う理由

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 日常、ピアノレッスンではク …

合唱
忙しい中でも、ピアノレッスンを続けていくには?

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 昨日、問い合わせがありまし …

目をつぶってピアノ
手や鍵盤を見ないでピアノを弾く方法

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノというのは、基本的に …

石井さん、杉本さん
大人もピアノを続ければ、素敵なショパンに…

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 友美さん(おとな)のレッス …

シニアピアノ
シニアの方たち 年代的特徴2

こんにちは。ゆめピアノ教室のいしごうおかです   シニア世代の年代的な …

手
ピアノの進みがはやい生徒さんの特徴は

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 ピアノの進度が速い生徒さん …

ピアノ
たまには好きな曲をピアノレッスン

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 1年に1,2回、自分の好き …

楽譜
同じ楽譜を見て弾いても、演奏に違いが出る理由 その2 強弱をコントロールして表現力を高める

こんにちは。葛飾区白鳥ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 今回は、同じ楽譜を見て …

アンケート
ピアノが習える 当たり前ではない、という話

こんにちは。葛飾区ゆめピアノ教室のいしごうおかです。 サマーコンサート、面談でお …